経理代行サービスを導入して会社経営の経理業務を楽にしよう

仕事中の女性

納税準備に役立つ経理代行サービスの利用がおすすめ

電卓と書類

決算期はどこの会社も忙しさを極めているものですが、普段から記帳をはじめ経理業務をタイムリーにきちんとこなしていると、その忙しさを少しは緩和することができます。それが分かっていても、経営者自身が経理処理を担当している場合などは、事務作業だからいつでもできると先送りにして、処理を貯め込むケースが非常によくあります。このような状況ならすぐに経理代行サービスを導入して、経営者は経理業務を抱え込まずに済むように状況を改善しましょう。経理代行を利用すれば、日々の細かいお金の出入りに頭を悩ませる必要もなくなりますし、貯め込んだ未処理の経理案件が心配で、気が散ることもなくなります。加えて経理代行を利用すれば、自分よりもかなり経理分野に明るいスタッフに経理処理を任せることができますので、自ら苦労することなしに、すっきりと整理された経理記録を入手することができます。結局のところ、この記録がベースとなって様々な帳簿が作られるため、普段の経理処理をきちんと確実に行うことがいかに重要か、よく分かるでしょう。経理代行に経理処理をサポートしてもらうことで、いずれ確実に来る決算期や納税の時期を従来よりもずっと楽に乗り切ることができるでしょう。

社内処理から経理代行に切り替えるべきタイミングを見極めよう

企業の経理業務を処理するためには、いくつか異なるやり方があります。一つは経理が専門の従業員をフルタイムやパートタイムで雇用することです。あるいは、経理業務の量や内容によっては、経営者や内勤社員が兼任で処理することも出来るでしょう。もう一つの方法が経理代行の導入です。現在、専任の経理担当者がいる場合は、その方が定年やパート契約期間満了などで退職される際、経理代行への切り替えを検討するといいでしょう。アウトソーシング・サービスを利用する方が、経理専門スタッフの人件費よりも会社の金銭的な負担が小さくて済むためです。また、兼務で経理業務を処理しているなら、出来るだけ早く経理代行へのシフトを具体化しましょう。そうすることで、経営者も社員も自分の本業に集中出来、会社の業績アップのためにより生産的に働けるようになります。あるいは、経理スタッフがいる場合でも兼任による処理の場合でも、単純に、経理関連の仕事の量が増えてきたタイミングで、業務分担のために経理代行の活用をスタートするのもいいでしょう。経理代行では、利用したいサービスを選んで利用申し込みすることが可能なため、社内処理の部分と外注業務を切り分けて、社内の業務負荷を調整するのも有益でしょう。

経営体制をスリムに維持しつつ経理処理も確実にこなせる経理代行

一般に、人手が多ければ丁寧な仕事ができると考えられがちですが、必ずしもそうとは限りません。この理屈では、本当に必要な人材のみを雇用する無駄のないスリムな経営体制の会社では業務品質を担保できないことになってしまいますが、現実には違います。それは社内雇用にこだわらず、社外リソースを巧みに活用しての事業経営に成功しているためです。例えば、そのようなスリムな会社では、往々にして経理担当者がおらず、代わりに経理代行サービスを導入しています。経理代行業者は経理というカテゴリーに入る業務なら幅広く対応してくれます。なかには、経理業務の殆どを業者に任せている会社もあります。経理代行を自社の経理処理のために社外リソースとしてフル活用することで、人件費の増大を招くことなく、経理業務のクオリティを維持できているわけです。経理代行業者に経理処理を任せることによって、未処理の案件が長期間そのままになっているということもなければ、経理に詳しくない社員が記帳でエラーをして決算期まで誰もそれに気づかないといったリスクも避けられます。記帳のエラーは見過ごせば、納税額の算出ミスにもつながりかねませんので、経理業務を熟知した業者スタッフにお任せする方がずっと安心です。

しかし少なからずデメリットもあります。会社の重要情報が流出してしますなどのリクスが生じます。なので、導入する際は経理代行業者がどのように情報管理に取り組んでいるのかなど確認しましょう。そこで経理代行のサービスを利用する際にお勧めが「ライト」です。長年の実績をもち、サービスの約款に機密保持の条項が含まれていて安心です。経理に熟知したスタッフなので、わからないことでも、相談すればわかりやすく教えてくれます。無料で相談も受け付けてくれているので、考えている方は一度相談してみましょう。

PICK UP

TOP